婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドを

ダイヤモンドは、婚約指輪や結婚指輪によくつけられています。これはダイヤモンドが非常に硬い鉱物で、簡単には割れることがないからです。そのためダイヤモンドのついた指輪を指にはめることは、幸せな結婚生活を長く続かせることにつながると考えられているのです。
またダイヤモンドは基本的には無色透明の宝石なので、それが花嫁の清らかさ、そして邪念のない純粋な愛情を意味するとも考えられています。その点からもダイヤモンドは、婚約指輪や結婚指輪にふさわしい宝石とされているのです。
しかしダイヤモンドの中には、不純物が混ざっているものや、透明度が低いものもあります。ダイヤモンドは不純物が多いほど割れやすく、透明度が低いほど輝きが少なめとなっています。したがって婚約指輪や結婚指輪は、こういったダイヤモンドがつけられていないものを選ぶことが肝心と言えます。割れた場合に、幸せな結婚生活が終わってしまうのではないかと不安になる人は少なくないのです。また中には、濁りのあるダイヤモンドを見て、相手からの愛情をつい疑ってしまう人もいます。
そのためジュエリーショップでは一般的に、婚約指輪や結婚指輪の購入の際には、つけるダイヤモンドを自分で選ぶことができるようになっています。ジュエリーショップには、数多くのダイヤモンドルースが用意されているのです。
透明感や色合いは見た目で判断できますし、不純物については店員にクラリティを尋ねることで確認できます。そしてそれぞれを比較しながら最も気に入ったものを選ぶと、それを指輪のアームに取りつけてもらえるのです。

偽造ダイアモンドとの違いなど

偽造ダイアモンドとしてよく出回っているのは、「モイゾナイト」と呼ばれるものです。モイゾナイトは自然界には存在せず、ダイアモンドの偽物として作られたもので、ガラスヤGGG,キュービックジルコニアなどよりもダイアモンドに近い性質をもっていて、一般に見分ける事が難しいとされていますが、一つ、10倍ルーペ一つで見分ける方法があります。それは、「ダブリング」と呼ばれる、屈折の特徴がダイアモンドとは異なることがモイゾナイトの大きな特徴なのですが、後ろ(パビリオン側)から見て、表(テーブル)のファセットが、二重に見える場合、それはダイアモンドでは無く、モイゾナイトである可能性が高いのです。ダイアモンドの場合、どこからルーペで見てみても、ファセットが二重(またはそれ以上)に見えることは決してありません。

 

また、ダイアモンドの特徴は、その高い硬度です。モーススケールで10というのは、地球上でダイアモンドのみ。二番目に硬度の高い宝石、サファイア(コランダム)は硬度9ですが、ダイアモンドの10からは大きく引き離されての硬度9なのです。硬度が高いという事は、ファセットや面が、摩耗されにくいという特徴を持ちます。ファセットをルーペでみた時に、白くガサガサしているなど、摩耗が激しい場合は、ダイアモンドである可能性がまず、低くなります。

 

ダイアモンドを顕微鏡で覗いてみると、ペリドットやガーネット、といった別の鉱物を含有している場合があります。とてもユニークで美しいものもありますが、残念ながらこれによってそのダイアモンドはクラリティーが下がります。ハートの形をした可愛らしい赤いガーネットが含有されているものを見た事がありますが、ロマンチックで婚約指輪等にもってこいだと思いました。そういったものを集めると、ウエディングコレクションとして素敵なのではないかと個人的に思います。含有物が大きければ大きい程クラリティーは下がるので、仕入れ値も下がるのです。

ダイヤモンドの装飾品について

ダイヤモンドと言うと、宝石の中でも飛び抜けて人気のある石です。
それは、婚約をするときに渡したり、プレゼントとして渡したりしてとても利用されています。
女性は、男性からプレセントをされる時、ダイヤモンドをされると本当に感激することができます。
もらって嬉しい商品として、ダントツの人気ではないでしょうか。

 

そのダイヤモンドといっても、いろいろな装飾品があります。
一番多く利用されているのは、なんといっても指輪です。
指輪につけているもので、そのダイヤモンドのカラットによって価格が違ってきます。
そのため、カラット数を見ることが多いですね。

 

また、装飾品としてネックレスもダイヤモンドをよく使って作られています。
ネックレスをした時、キラッと光る輝きはダイヤモンドならではです。
本物のダイヤモンドは、その輝きが違うといいますね。
パッと見た時、偽物か本物かわかりませんが専門家がみるとすぐにわかります。

 

そしてダイヤモンドがついている時計なども、とても人気があります
時計として時刻を見る時に、とても優雅な気持ちになることができますね。
また、その時計はブレスレットとしても使うことができます。
腕にはめると、手を動かすたびに輝きを放ちます。

 

ダイヤモンドは、宝石専門店で買うことをおすすめします。
そして必ず鑑定書をもらうことがいいですね。鑑定書があると、安心をすることができます。
また、それが不要となった時に買取依頼をすると気にも鑑定書があると高価買取を期待できます。

女性が魅了されるダイアモンド

ダイアモンドと聞けば、女性は目がキラキラ輝くと思います。
宝石の代表ともいえるでしょう。
私は、婚約指輪としてダイアモンドを選びました。
ダイアモンドで有名な町は、御徒町です。
御徒町は、宝石の卸し売り店でも知られています。
ここでは、有名なデパートより安く品質のよいダイアモンドを手に入れることができます。
わたしはの婚約指輪のダイアモンドは、東京都台東区上野にあるジュエリープラザロイヤルというところで買いました。
このダイヤモンドは、このお店が、注意深く選別して確かな素材を使用したオリジナリティ豊かな商品です。
独自の検品マニュアルの沿って厳密なチェックを受けているそうです。
なんで、保証書であるダイアモンドグレーディングレポートをみると、キレイのカットされてダイアモンドの形はハート型になっています。
この断面がのハードがきれいにできているほど、ダイアモンドの価値は高いそうです。輝きを見てもとてもきれに光っています。
わたしは、当時0.4カラットの大きさのダイアモンドでした。
そのお値段は、約20万円くらいだったと思います。
親戚の結婚式にしていったり、自分の婚約パーティーのときに両親と義理の両親の前でみせました。
ダイアモンドにもピンクダイアモンドがあると聞いたことがあります。
私の会社の部長の奥さんは、ピンクダイアモンドが好きらしく、婚約指輪にピンクダイアモンドをプレゼントしたそうです。

世の中の男性にダイアモンドのプレゼントをおすすめします。

ダイヤモンドの買取は宝石専門店がベスト

ダイヤモンドは、女性であると一つは持っている、そんな宝石です。
それは、お祝いの時に送ることが多いからです。
就職祝いなどで送ることがあります。
また成人した記念に、両親から貰うということもあります。
そんなふうに、プレゼントとしてもらって嬉しい商品ですね。

 

しかし、ダイヤメンドを持っていても使わなくなったら不用品となります。
持参をしていても、使わないものは宝のもち腐りなのです。
そのため、しばらく使っていないと思うダイヤモンドについては、早急に買取依頼をしましょう。
そのように思い立った時が、買取時です。

 

その大切に使っていたダイヤモンドは、どこで買取依頼をするといいのでしょうか。
その一つに、リサイクルショップでも買取をしています。
いつも洋服などを買取してもらっているところでもしているのです。
しかし、そこで買取依頼をするのは少し不安があります。

 

それは、なんといってもきちんと査定をしてもらうことができるのか不安なのです。
専門の担当者に査定をしてもらう評価額と、一般の人が行う場合は差があるのです。
そのため、安い価格で査定をされる場合もあります。
それは、とても辛いことですね。せっかく大事に使ってきたものなので、やっぱり高い価格でお願いしたいです。

 

そんな時、一番いいのは宝石買取専門店に依頼をすることです。
宝石買取専門店では、専門のスタッフが必ずいます。
それは、宝石鑑定士の資格を持っているスタッフです。
それだったら、安心して鑑定をしてもらうことができます。

 

【ピックアップサイト】
テーマ:ダイヤモンド買取
ダイヤモンド買取
ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?